バイオ暗号
「イ行 作品」
作品名 生命(いのち)の暗号     あなたの遺伝子が目覚めるとき
著者名 村上 和雄
発行日:1997.6.25
出版社:サンマーク出版
形式:B6・ハード
目次
プロローグ 生命の不思議を解読する
第1章 遺伝子が目覚めるとき
第2章 環境で遺伝子が変わる
第3章 遺伝子ONにして生きる
第4章 この生命設計図の不思議
第5章 だれが生命の暗号を書いたか
ストーリーの概要
人間は自分の体の設計図を解読する技術を手にした。生命の仕組みは驚くほど不思議なことばかり。人間は、60兆個の細胞から成り立ち、その細胞に核がある。遺伝子には、A/T/C/Gという塩基があり30億の情報が入っている。遺伝子のONによって思いは通じる。生命の不思議さを研究史、「サムシンググレード」を求める筆者の成果。
暗号について
地球上に存在する生き物は、同じ遺伝子暗号を使って生きている。A/T/C/Gという4種類の塩基を解読し、眠っている遺伝子をONにすれば、人間はより進歩する。
inserted by FC2 system