海外の暗号小説
[セ行 作品]
作品名 閃光暗号       名探偵ホームズ全集15
著者名 コナン・ドイル 原作   山中 峰太郎 編著
発行日:S43.10.30
出版社:ポプラ社
形式:B6、ハード
目次
第1話 閃光暗号
 ・とても不思議な奇々怪々の人物?
 ・鏡に中に映るドア
 ・アメリカの名探偵と「赤和団」の怪首領
 ・暗号で呼ばれた夫人
 ・死の決闘の前後

第2話 銀行王の謎
第3話 トンネルの怪盗
ストーリーの概要
アパートの借家人が奇々怪々な行動をとると、ホームズに相談に来た。1週間に5ポンドと相場の20倍を払う。条件は部屋には誰も入らないこと。借り手は髯を生やした男。しかし煙草の吸殻は根本まで吸っているので別人ではないか?新聞が秘密通信か?
暗号について
新聞の広告に「近く暗号通信を始める。注意!1はA、2はB、3はC、見誤るな、G」と載った。懐中電灯による信号通信だが、第3者から見れば暗号。
inserted by FC2 system