日本の暗号小説
作者名 竹内 真
作品名 チェスセットの暗号   (「ディスリスペトの迎撃」所収)
発行日:2016.1.29
出版社:東京創元社
形式:文庫
目次
 「なし」(短編)



その他の所収作品
・ ファンサイトの挑戦状
・ トラブルメーカーの出題
・ ポ^トースターの誘拐
・ ディスリスペクトの迎撃
ストーリーの概要
 銀座にある文壇バー『ミューズ』の常連客、大御所ミステリー作家のサンゴ先生こと辻堂珊瑚朗。
 彼は不思議な事件について鮮やかに推理する、名探偵でもあった!  ライバル作家が持ち込んだ、チェスセットに仕掛けられた謎を解く
暗号について
大学の同級生が手彫りで作ったチェスの駒・・・何か仕込んであるのでは?
・ 調べると、「B]と記された紙片が黒ポーン(駒)の中に仕込まれていた。他の駒も調べると6個の駒にあった。
  黒ポーン:「B]  黒ポーン:「…」 黒キング:「なら」  白ポーン:「8」  白ナイト:「f」  白ビショップ:「5」
・これは何かの暗号だ!
・ナポレオンの棋譜だ・・・「六つのナポレオン像」・・・ホームズの短編小説
 この6駒をナポレオンの棋譜から取られた順番に並べたら?
inserted by FC2 system