日本の暗号小説
作者名 横溝 正史

作品名 蝶々殺人事件
初出誌:ロック:S21.5~22.4

発行日:S48.8.10
出版社:角川書店
形式:角川文庫3126
目次(なし)   文中から
序曲
1 コントラバス    2 数学の問題
3 アルトの旋     4 読めない楽譜
5 砂嚢         6 流行歌手の死
7 重いトランク    8 マネージャーとその助手
9 テナーの懊悩   10 薔薇と砂 
11 彼女と五人の男  12 もう一つの死
13 五つの窓     14 トロムボーン
15 おののくソプラノ  16 悲劇のユーモリスト
17 プリマドンナ    18 良人の告白
19 バリトーンの嘆き    終曲
ストーリーの概要
歌劇団の主催者である原さくらが「蝶々夫人」の大阪公演を前に姿を消した。数日後、コントラバスの中からさくらの死体が発見された。さくらは東京で殺されたのか、それとも大阪で殺されたのか。由利先生が謎解きに挑戦する。
暗号について
さくらに渡された読めない楽譜は暗号だ。簡単に解けるがその裏には。
inserted by FC2 system