日本の暗号小説
作者名 日向 章一郎

作品名 放課後のサンタクロース      (放課後シリーズ) 
発行日:1997.11.10
出版社:集英社
形式:コバルト文庫
目次

「2008年の予言」
1 〈あんなこと〉して遊んでいた子たち
2 ミサコの外泊と〈地獄のサンタクロース〉
3 〈あなた〉へのクリスマスの贈り物
ストーリーの概要
区立M中の期末テストの前日に、2年生の大塚流歌(るか)の机が燃やされた。そばに赤いローソクと謎の暗号文が落ちていた。その後起こる事件の現場にも何故かクリスマス・グッズが残されていた。映画研究部の部長である流歌は、クリスマスをテーマにした映画を作る計画がうまくいかなかったことで、3年生に責められていた。ケンイチとミサコは犯人探しに向かう。
暗号について
「One tea Three tesA」は、何を意味するのか?また、「DEATH Kanda」とは。
inserted by FC2 system