日本の暗号小説
作者名 山村 美紗
作品名 京都・十二単殺人事件      (「京都・十二単殺人」所収)事件
初出:「小説NON」:S63.6
 「ジュウニヒトエ殺人事件」

初出版:光文社ノベルス:1989.6

発行日:1992.10.20
出版社:光文社
形式:光文社文庫
目次

「なし」(短編)
ストーリーの概要
被害者の女子大生の手の中に握り締めていた紙に「じゅうにひとえの男」というダイイング・メッセージが。不倫関係にあった源氏物語の大家の大学教授か、それとも市民講座を受け持つ助教授か。その他に共に薬草研究をしていた同僚が犯人か?
暗号について
「じゅうにひとえ」と聞けば、どう考えても女性の衣装である。なぜ、男なのか。
inserted by FC2 system