日本の暗号小説
作者名 伴野 朗
作品名 上海発奪回指令
発行日:1992.3.20
出版社:早川書房
形式:B6、ハード
(ハヤカワ・ミステリワールド)
目次
プロローグ
謀略
捜索
展開
脱出 
死闘
破局
エピローグ
ストーリーの概要
上海特務工作員・山城は、カジノで一人の日本人・山本五十六の危機を救った。やがて太平洋戦争が勃発、山城は鉄壁の日本軍暗号を破らんとする中国側解読担当と暗闘を繰り広げる。女スパイ・羅刹女は日本に潜入し、乱数ひょを奪って逃走する。山城は故国へ向い、羅刹女と対決する。その勝敗が山本五十六の運命を左右する。
暗号について
暗号の具体的な解読等でなく、中国解読組織による日本海軍の暗号書・乱数表奪取とその阻止・奪回の物語。ミッドウェイや山本五十六にかかわる暗号事例も出てくる。
inserted by FC2 system