歴史暗号
「ハ行 作品」
作品名 「反」ダ・ヴィンチ・コード   嘘にまみれたベストセラー
著者名 ホセ・アントニオ・ウリャテ・ファボ      (訳:目時能理子)   
発行日:2006.2.20
出版社:早川書房
形式:B6、ソフト
目次
序文
第1部 「ダ・ヴィンチ・コード」が明かした「新事実」への反論
第2部 「
ダ・ヴィンチ・コード」成功の背景にある女神崇拝
第3部 結論
ストーリーの概要
「ダ・ヴィンチ・コード」の虚言を暴いた本。例・ルーブル美術館のピラミッドのガラス板は666枚ではない。・不完全な数列が暗号に?・ミツバチの個体数に黄金比は存在しない。岩窟の聖母がそんなに軽いはずが無い。・イエスが僅差で「神」に当選した?・ダン・ブラウンはニケーア会議の内容を知らない。
小説だからフィクションだからと思うが、本書の著者からすればダン・ブラウンが「私の物語は真実であり、それは単なる小説ではない、「データは全て事実に基づいている」と表明しているために、その矛盾を列挙している。
暗号について
各データが、事実と異なれば、暗号としても成立しない部分も出てくる。具体的な例として第2部に「ダ・ヴィンチが名画に残した暗号の検証」がある。
inserted by FC2 system