暗号理論
[ス行 作品]
作品名 推理力
著者名 アート・サプライ編
発行日:2001.11.15
出版社:双葉社
形式:A5
目次
写真家から見る推理の現場
その0 
脅迫状であてましょう
その1 尾行・張り込み
その2 暗号
その3 鍵
その4 変装
その5 筆跡鑑定

その6 指紋
その7 嘘
その8 凶器
その9 ワトソン
その10 猫
概要
筆跡診断士が犯人を暴く「脅迫状六番勝負」、鍵開け講座一日体験入門、コージー富田が激白するモノマネの極意、警察の鑑識を支える民間企業潜入など、ミステリに憧れた男たちが繰り広げる、名探偵への無意味なオマージュ。
暗号の要旨
その2 暗号
 ・私たちの日常生活には、いたるところに"暗号"があふれ返っている。有形無形のメッセージが隠れ、デジタル社会の安全装置としても働く暗号は現代人の常識。
*ドキュメンタリー
 ・都内デパートに潜入調査!・・・"店内暗号放送"は実在するか?
  緊急事態のアナウンスはあるらしい。が、今回の調査では明確なアナウンスは見られなかった?

*暗号基礎知識・・・・ミステリが好きなら暗号のイロハを知らないと!
 ・暗号の基礎知識をおさらいしよう・・・・転置式、換字式等
 ・暗号の歴史は人類の歴史、古代からげんだいまで
  シーザー暗号、エニグマ、シカバ
*オススメ「暗号」作品
 ・古典本格に「傑作」多し・・・「黄金虫」、「ロシア紅茶の謎」等
inserted by FC2 system