暗号戦史
「イ行 作品」
作品名 イギリスの情報外交    インテリジェンスとは何か
著者名 小谷 賢
発行日:2004.11.29
出版社:PHP研究所
形式:新書
目次
第1章 インテリジェンスとは何か
第2章 イギリスの対日情報活動
第3章 情報分析から利用までの流れ
第4章 危機の高まり―日本の南進と三国同盟
第5章 危機の頂点―一九四一年二月極東危機
第6章 危機の緩和と英米の齟齬
第7章 危機の回避―日本軍の南部仏印進駐
第8章 イギリス外交の硬直化と戦争への道
ストーリーの概要
外交の要諦は情報をいかに活用し成果に結びつけるかにあり。公開された戦前の外交文書を丹念に読み解き、英国の極東政策を検証する。

老練なイギリス外交の背後には、常にインテリジェンス活動があった。
古くは16世紀のエリザベス王朝の時代からイギリスは秘密情報活動を続けており、映画「007」で有名なMI6は20世紀初頭に活動を開始し世界中に名を馳せた。
そしてチャーチル首相は毎日のように届けられる暗号解読情報を「私の金の卵」と呼び重宝したのだ。▼本書は、近年公開された20世紀前半のイギリス情報関連史料をもとに、1940年代のイギリスが、対日極東政策を推し進めるにあたって、インテリジェンスをいかに活用し、外交成果に結実させたのかを明らかにする。
▼1941年2月のイギリスでは、日本南進による「日英戦争」の可能性が大々的に報じられ、日英関係は一触即発の状況まで追い込まれる。そのときイギリスは、いかに日本の南進を抑止し、また極東問題に距離をおくアメリカを引き込むことに成功したのか?

暗号について
情報収集活動の手段の主体はHUMINTとSIGINTであるが、当時のイギリスの収集はSIGINT即ち、通信情報が主であった。
その証拠として、随所にイギリス政府暗号学校(GC&CS)による傍受解読資料が提示されている。
その解読資料は、報告書の表紙が青色であったのでBJ(Blue Jacket)情報と呼ばれている。
また、米国を参戦させるために利用した解読情報。日本の南進の意図を確認するために利用した解読情報。
そして、その判断が上手く言った例や失敗した例を述べている。
inserted by FC2 system