暗号戦史
「コ行 作品」
作品名 国際陰謀    日本のブラックチェンバー
著者名 三浦 三郎       (元陸軍中将 憲兵隊司令官)
発行日:S28.12.10
出版社:社会文化研究所
形式:四六判(ソフト)
目次
第1部 戦争とは
第2部 謀略戦について
第3部 言論宣伝の戦い
第4部 諜報戦について
第5部 間接戦争に対する防衛
ストーリーの概要
武力戦以外の戦争、即ち冷戦、陰謀戦、宣伝戦等忌まわしき抗争が多発・・・戦後約10年程度の時代
弱体国家・日本に対する警告

目次の細部

第1部 戦争とは
1 私の唱える戦争の内容                  2 戦争は避けられるか
3 将来の武力戦について                  4 武器なき戦争についての努力

第2部 謀略戦について
1 謀略の意義並びに内容                  2 思想戦について
3 政治外交に関係ある策謀                 4 経済に関係ある国際策謀
5 人命に関する謀略                     6 破壊を企図する陰謀
7 謀略戦に対する総合的観察              

第3部 言論宣伝の戦い
1 宣伝戦について                       2 日本人の言論に表れた国際感情
3 東京裁判は一種の宣伝興行である           4 法廷戦術と言論
5 「侵略」と云う宣伝に怯えているのではないか      6 戦争宣伝について
7 英国の方法と手段                      8 宣伝の方法と手段
9 謀略宣伝について

第4部 諜報戦について
1 諜報の意義並びに内容                   2 政治並びに経済に関する諜報
3 軍事に関する諜報                      4 科学に関する諜報
5 日本は今や米ソの諜報基地と化しつつある       6 諜者と言う者は
7 女間諜の特徴                         8 諜者の偽装
9 諜報材料を如何にして取得するか            10 諜者同志の連絡法は
11 謀略者及び諜者の心理                 12 最近の事例より得たる教訓

第5部 間接戦争に対する防衛
1 今にして哲人フィヒテを懐う                 2 耐乏生活に徹せよ
3 徳義心の昂揚を図れ                     4 国民同志の相克を止めよ
5 間接戦争に関する調査機関の設置            6 法規の制定の必要
7 保安隊員諸君に望む                     8 警察官諸君に望む
暗号について
第4部 諜報戦について
2 政治並びに経済に関する諜報
・ 暗号の盗読・・・・・・戦場における軍事暗号の紛失あるいは盗難
・ 金庫は狙えば必ず開く
3 軍事に関する諜報
・ タンネンベルヒ会戦の勝利は諜報の賜・・・・露軍の暗号漏洩、解読
10 諜者同志の連絡法は
・ 合言葉、服装規定、携行品、態度等
12 最近の事例より得たる教訓
・ 北海道スパイ事件・・・レポ・・・暗号書その他の連絡、懐中電灯による信号法、暗号書の保管の偽装
inserted by FC2 system