暗号戦史
「ス行 作品」
作品名 スパイキャッチャー
著者名 ピーター・ライト (Peter Wright)  (訳:久保田 誠一)
発行日:1987.12.25
出版社:朝日新聞社
形式:B6、ハード
目次
「なし」
ストーリーの概要
元英MI5幹部・ピーター・ライトによる実話。盗聴、暗号解読、ニセ情報等英国情報機関と東側スパイとの行き詰るような攻防。露KGB内通者の探索とMI5長官・ロジャー・ホリスに絡むスパイ疑惑等国家機密を暴露する。イギリスの情報活動についてこれ程明確に記述した本はない。サッチャー首相が出版差し止めを要求したいわくつきの暴露本。
暗号について
第二次世界大戦前のドイツの暗号解読を始め、戦後、ロシア大使館、エジプト大使館、フランス大使館等各国の大使館の暗号解読を如何にして行ったかを克明に記述。
inserted by FC2 system