暗号戦史
「タ行 作品」
作品名 太平洋戦争暗号作戦 上   アメリカ太平洋艦隊情報参謀の証言  (And I Was There)
著者名 エドウィン・T・レートン (Edwin T.Layton) ロジャー・ピノー、ジョン・コステロ
(訳:毎日新聞外信グループ)
発行日:1987.3.5
出版社:TBSブリタニカ
形式:四六判
目次
全編「暗号」なので、下記に記す。
概要
1940年12月から終戦まで、米太平洋艦隊情報参謀として、日本の戦略目標、戦力、作戦を司令長官に知らせる重責を担った著者が、日米間の情報戦特に暗号戦についての事実を克明に記述。
上巻においては、真珠湾にいた米太平洋艦隊に対し、日本の開戦に関する情報が届かなかった事実を記述。
ワシントンは、日本の暗号を解読していいながら、何故、ハワイには情報を配布しなかったのか?
ハワイにも暗号解読班がいたが、任務・機材に制限を加えたため、傍受した重要な電報を解読できなかった。

1 「私はそこにいた」
 開戦から、終戦まで太平洋艦隊に所属。戦艦ミズーリ上での降伏文書調印式にも出席。ターナー海軍大将とキンメル提督との争いの端緒。真珠湾の惨事に対する責任の所在の抗争。
2 宣戦なき戦争
 米軍における暗号解読の歴史と海軍部内の派閥争い
 (海軍兵学校、諜報と暗号、米海軍の暗号組織:以下カッコ内は小項目))
3 「犬どもを吠えさせておけ」
 著者が暗号(情報)に携わる経緯
 (日本での語学研修、OP-20-G、膨張作戦に加わる)
4 暗号解読と歌舞伎
 米海軍の暗号解読第一人者・ドリスコル夫人等の米海軍の暗号解読組織と著者が情報参謀になる経緯
 (ウエウェ暗号−委任統治領の軍事化、無電諜報−ネガト、ハイポ、キャスト、 再び日本へ、山本五十六との出会い、情報収集への制約)
5 「われ等若し戦わば」
 日本の外交暗号の解読への努力、マジック情報の重要性
 (真珠湾作戦の発想、マーチン・ベリンジャー報告、日本の暗号体系、マジック)
6 日米交渉始まる
 開戦前の日米間の外交交渉開始の経緯
 (野村大使着任、日独両海軍の協力−イギリスの最高機密漏れる、「ハワイは難攻不落」)
7 対決
 米海軍内の抗争。ターナー戦争計画部長の独走
 (ハイポ支局、海軍内の内部抗争)
8 最大の毒蛇
 近くのガラガラヘビほどでかく見える。ワシントンはドイツのUボートを大西洋のガラガラヘビと呼び、ハワイのスパイを無視。
 (スパイ吉川猛夫、立花事件、アメリカの防諜活動)
9 ボールを落とす
 ワシントンとハワイの情報連絡の不備。
 (ウェウェ情報を見落とす、マジックの危機、日本の仏印進駐、対日戦略物資禁輸)
10 ばかげた状態
 マジック情報の真意読み取れないワシントンの対応に不満
 第1航空艦隊の編制、インドシナ危機への対応)
11 偽りの抑止力
 ルーズベルトとチャーチルの密約
 大西洋会談、対日秘密同盟)
12 欺瞞
 ターナー作戦計画部長の虚偽、責任回避
 (機密保持の強化、誰が情報を抑えたか)
13 戦いのうねり
 開戦の兆しが見える中、日米の状況
 (ハワイの日本人スパイ、B17のフィリピン配備、9月6日の御前会議、真珠湾図上演習、東条内閣成立)
14 「黙認された誤報」
 ハワイに関する情報を太平洋艦隊に知らせなかったのは、「黙認された誤報」
 (「爆撃図表」電報、情報部長交代)
15 「不完全なおどし」
 マジックの事前警告により、危機を危機と思わなくなってしまった。
 (戦略爆撃構想、真珠湾作戦の決定、最後の外交努力)
16 「われわれのなすべきことは?」
 日本が宣戦布告した場合ハワイのなすべきことは?
 (委任統治領の脅威、通信解析の成果と限界、情報評価の失敗)
17 交渉は続く
 暫定協定案をルーズベルトは一夜にして拒否の理由は
 (期限は十一月25日、妥協の可能性−暫定協定案)
18 交渉打ち切り
 ハルによる10項目の厳しい要求
 (逆転、11月26日朝の出来事、イギリスは何をつかんだのか、オランダ「出撃命令」を傍受)
19 「今後の行動は予測しがたく」
 日本の機動部隊の出撃開始とワシントンの対応
 (「日本に最初の一発を撃たせる」、「戦争警告」起草、機動部隊進出)
20 「戦いに臨んで」
 ハワイの戦闘機の抽出等は、真珠湾への脅威がない証し。
 (真珠湾に届いた警報、陸軍は破壊工作にそなえる、ハワイへの脅威は言及せず、機動部隊とソ連船)
21 「自己欺瞞」
 空母による戦闘機輸送任務付与、日本の空母の行方分からず
 (委任統治領への哨戒強化、暗号解読で知りえたこと)
22 開戦への秒読み
 日本の暗号書破壊情報は何を意味するのか
 (12月1日「情勢は来週、さらに悪化するかもしれない」、12月2日「いったい、出るには出たが、うまくいくだろうか」、12月3日「恐ろしい情報」、12月4日「48時間以内に開戦」)
inserted by FC2 system