暗号戦史
「ツ行 作品」
作品名 通信運用の教訓      (「偕行社記事第830号」所収)
著者名 大本営通信課

第830号

発行日:昭和18年11月
出版社:偕行社
形式:雑誌
目次
「なし」
ストーリーの概要
大東亜戦争開始から約2年間、通信運用上の教訓を纏めたもの。
今や内線防衛の態勢にあり、四面の敵に対し随時随所に敵の反攻を撃退し以て緒戦の優位御益々拡充する必要がある。
このため、通信地位は極めて緊要であり、通信は兵団戦力の骨幹である。


1 通信の本質
2 通信の先行性
3 通信の指揮
4 有線と無線
5 通信容量に対する認識の向上
6 電波輻射の抑制と放送通信方式の活用
7 各種通信連絡施設の総合運用
8 敵通信諜報と我が対策
暗号について
6 電波輻射の抑制と放送通信方式の活用
 ・暗号強度は堅さを増してきたので、経緯に解読の成果を利用することは困難
 ・敵無線の傍受により暗号は解けなくても、通信分析から敵の企図を推量
 ・電報の多発、長文電報の発信、無用電波の放射に注意

8 敵通信諜報と我が対策
 ・過去の外交暗号は解読された事例はあるが、今や暗号は強度が増し、解読は困難であろう。
 ・通信監査の必要性・・・略号は暗号ではない
 ・呼出符号、周波数等の変更を頻繁に実施
inserted by FC2 system