暗号の本棚
暗号戦史:著者別
作品別 著 者 名 備 考
相澤 淳 戦史の教訓 真珠湾「騙し打ち」問題の背景 MAMOR2009.6~7
青井 邦夫 他 現代史を変えた 実録!スパイ大作戦
青木 勉 海軍士官の隠語 別冊1億人の昭和史
青木 日出雄 国際諜報戦争
赤木 完爾 ウィンストン・S・チャーチルと英国情報 軍事史学通巻106・107号
阿川 弘之 海軍こぼれ話
私記 キスカ撤退
日本海軍に捧ぐ
山本五十六 上下 伝記小説
私のなかの海軍予備学生
私の履歴書
朝日新聞社編 新情報戦
麻生 幾 極秘捜査  (対オウム事件ファイル)
中国スパイ摘発「報復」の標的 文芸春秋2018.8
足立 恒雄 日本の数学者と暗号解読 「数学から社会へ+社会から数学へ」所収
新井 喜美夫 日米開戦の真実
「名将」「愚将」大逆転の太平洋戦史
有賀 傳 日本陸海軍の情報機構とその活動
有馬 哲夫 昭和史を動かしたアメリカ情報機関
飯塚 つとむ 血戦!ミッドウェー・アッツ
石川 巖 ″像のオリ″の停止確実か 軍事研究2008.11
"像のオリ"転じて"ダチョウ園" 軍事研究2009.2
石村 力三 一暗号兵の参戦回想記
一橋 文哉 オウム帝国の正体
市川 宗明 現代スパイ作戦史 軍事研究1974.1
諜報機関
市來 俊男 対米最後通告をめぐる日本海軍の対応 軍事史学通巻106・107号
真珠湾奇襲攻撃70年目の真実
井口 武夫、深田 祐介 駐米大使館「二日酔い」説は濡れ衣だ 諸君:2009.2
伊藤 一男 真珠湾の天皇とニッポン人
伊藤 和雄 まさにNCWであった日本海海戦
伊藤 秀司 私論 ミッドウェー
伊藤 貞利 中野学校の秘密戦
伊藤 春樹 わが電波謀略戦
伊藤 正徳 連合艦隊の最後
稲坂 硬三 イスラエル軍のガザ侵攻"鉛鋳造作戦"
稲森 利助 諜報三万里の中に躍る暗号戦
井上 孝司 通信と情報の保全「暗号化の話」 軍事研究2011.11
猪瀬 直樹 ジミーの誕生日
岩下 哲典 日本のインテリジェンス
岩島 久夫 情報戦に完敗した日本
岩谷 将 戦史の教訓 日中戦争下の情報戦
  ―日本の暗号を解読せよ―
MAMOR2010.6~7
「藍衣社」・「CC団」・情報戦 軍事史学通巻171・172号
内蒙古アパカ会 岡村秀太郎 特務機関
浦田 耕作 誰も書かなかった日本陸軍
陸軍特別幹部候補生 丸:H6.4「戦争と人物8」
江尻 進 ベルリン特電
江畑 謙介 インフォメーション・ウォー
恵谷 治 北朝鮮対日謀略白書
生出 寿 知将 秋山 真之
ニミッツと山本五十六
凡将 山本五十六
烈将 山口多聞
大口勇次郎・五味文彦・佐々木隆 日本史史話3 近代・現代
大久保 義信 日米ン号情報戦の真実 「秘録太平洋謀略戦」所収
太田 俊夫 最後の暗号兵 丸:H8.15別冊
私も或る日、赤紙一枚で
太田 文雄 日本人は戦略・情報に疎いのか
大塚 虎之助 極秘電報に見る戦争と平和
大野 哲弥 国際通信史でみる明治日本
大野 芳 山本五十六自決せり
岡部 伸 消えたヤルタ密約緊急電
奥田 泰広 国家戦略とインテリジェンス
小倉 利丸 編 エシュロン
奥宮 正武 真実の太平洋戦争
おざわ よしお 山本大将の戦死と暗号 海と空1960.1
落合 浩太郎 CIA 失敗の研究
落合 信彦 「最強情報戦略国家」の誕生
モサド、その真実
小野寺 百合子 バルト海のほとりにて
小畑 武三 隠されたる歴史 第770頁
折田 正男 支那事変通信管見 偕行社特報48
海軍通信学校四十四期生会 われらかく戦えり 非売品
海軍通信学校第52期記念出版委員会 海軍少年電信兵
海軍電波関係物故者顕彰慰霊会 海軍電波追憶集 第1號
海軍七洋会 海軍特信班
偕行編集部 先輩は語る 仲野好雄大佐
外務省百年史編纂委員会 外務省の百年史 下巻
加来 耕三 連合艦隊99謎
柏原 竜一 世紀の大スパイ陰謀好きの男たち
加瀬 俊一 日本外交史23 日米交渉
日本外交の憂鬱
鍛治 俊樹 エシュロンと情報戦争
加藤 龍樹 国際情報戦
加登川幸太郎他 参謀本部と太平洋戦争 歴史と人物S60.8
釜賀 一夫 大東亜戦争に於ける暗号戦と現代暗号 昭和軍事秘話:中
座談会:釜賀一夫、藤原邦機、吉村昭 日本陸軍暗号はなぜ破られなかったか 歴史と人物:60冬
上村 健二 情報戦略
川成 洋 紳士の国のインテリジェンス
岸本 達也 写真の裏の真実
北岡 元 インテリジェンスの歴史
北岡元、小谷賢、中西輝政 インテリジェンスと恐怖の報酬 諸君2007.2号
木下 和信 情報将校の比島軍司令部戦記 丸:H5.8別冊
木村 勲 日本海海戦とメディア
木村 駿吉 日本海軍初期無線電信思出談
木村 洋 第2次世界大戦期に於ける日本人数学者の戦時研究 暗号理論掲載
日本・ポーランド暗号協力に関する一考察 Intelligence-9
木村 裕主 ムッソリーニを逮捕せよ
旧海軍部官房 暗号圖書現状表第50号
暗号圖書現状表附録第1号
共同通信社社会部 沈黙のファイル 日本推理作家協会賞
キンメル提督 真珠湾攻撃に関するキンメル提督の陳述
工藤 美代子 海燃ゆ
黒井 文太郎 自衛隊情報部隊の誕生と歩み 軍事研究2009.4,5
日本のアメリカ諜報機関と秘密工作 軍事研究2009.7
黒井 文太郎(編)、佐藤 優(解説) インテリジェンス戦争
黒岩 比佐子 伝書鳩  もうひとつのIT
黒羽 茂 諜報と歴史
日ソ諜報戦の軌跡
久保村 正治 第11軍通信隊
通信隊戦記
来栖 三郎 日米外交秘話
軍令部在職者座談会 太平洋戦争の1347日間 歴史と人物:60冬
警察庁警備局 スパイの実態
源田 実 海軍航空隊始末記
真珠湾作戦回顧録
呉 基完 北朝鮮諜報機関の全貌
小池 猪一 意外史 日本海軍
高 永、 佐藤 優 佐藤 優の項にも有
高坂 正堯、 長田 順行 日米暗号戦争2 歴史への招待27
古賀 牧人 「ゾルゲ・尾崎」事典
児島 襄 開戦前夜
誤算の論理
昭和16年12月8日
戦史ノート
太平洋戦争 上下
天皇と戦争責任
小谷 賢 暗号解読戦、日本軍は米英に勝っていた 諸君:H16.2号
イギリスの情報外交
1941年2月の極東危機とイギリス情報部 軍事史学第153号
日中戦争における日本軍のインテリジェンス 軍事史学通巻171・172号
日本海軍とラットランド英空軍少佐 軍事史学通巻150号
日本軍とインテリジェンス 防衛研究所紀要第11巻第1号
日本軍のインテリジェンス
日本の情報戦略 新潮45:2020.3
小谷賢、岡田幹彦、松田十刻 昭和陸軍のインテリジェンス 歴史街道2008.4
小松 啓一郎 暗号名はマジック
是本 信義 なぜ敗れたか日本海軍
日本海軍はなぜ敗れたか
近藤 昭 暗号戦 偕行:32回掲載
今野 勉 真珠湾奇襲・ルーズベルトは知っていたか
今野 勉 責任編集  昭和の戦争8 諜報戦争
斎藤 充功 昭和史発掘 幻の特務機関「ヤマ」
真珠湾「騙し討ち」の新事実 文春:2003.12
諜報員たちの戦後
謀略戦 陸軍登戸研究所
坂井 三郎 零戦の真実
坂田 治吉 海軍短現士官よもやま物語
作良 義文 諜報戦争における情報活動 軍事研究1974.1
左近允 尚敏 解明!真珠湾攻撃無線傍受疑惑の真相 歴史読本2007.9
ローズヴェルトは真珠湾攻撃を事前に知っていたか 歴史読本2012.1
山本司令長官機撃墜の写真 水交H20.7
佐々 克明 敗因を読む
佐治 芳彦 雑学 太平洋戦争
佐竹 金次 独逸陸軍通信機関に就いて 偕行社記事830号
佐藤 晃 大東亜戦争「敗因」の検証
佐藤 昭(編) ニイタカヤマノボレ 証言の昭和史4
佐藤 毅 敗戦の教訓
佐藤 元英 東郷外相は日米開戦を阻止できた 文芸春秋:2009.3
佐藤 優 国家の謀略
佐藤 優、 手嶋 龍一 インテリジェンス 武器なき戦争 手嶋龍一の項にも有
佐藤 優、 高 永 国家情報戦略 高 永浮フ項にも有
雑誌「丸」編集部 写真 太平洋戦争 第2巻
写真 太平洋戦争 第3巻(文庫)
写真 太平洋戦争 第4巻(文庫)
実松 譲 国際謀略
情報戦争
真珠湾までの365日
大海軍惜別記
太平洋戦争と日米情報戦 軍事研究1974.1
日米情報戦記 「情報戦争」改題
わが海軍、わが提督
私の波濤
鮫島 素直 元軍令部通信課長の回想
産経新聞特別取材班 エシュロン
椎野 八束(編集) 太平洋戦争情報戦 (戦記シリーズ41) 別冊歴史読本
宍倉 壽郎 関東軍参謀部
白石 仁章 インテリジェンス・オフィサーの無念 小説新潮:2010.3
諜報の天才 杉原千畝
司馬 遼太郎 三浦半島記 (街道をゆく42)
余話として
柴田 伸明 国際スパイゾルゲ日本へ侵入す 歴史への招待23
下斗米伸夫、 NHK取材班 国際スパイゾルゲの真実
ジャパン・ミリタリー・レビュウー ワールド・インテリジェンス Vol 1 軍事研究2006.7別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 2 軍事研究2006.9別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 3 軍事研究2006.11別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 4 軍事研究2007.1別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 5 軍事研究2007.3別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 6 軍事研究2007.5別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 7 軍事研究2007.7別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 8 軍事研究2007.9別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 9 軍事研究2007.11別冊
ワールド・インテリジェンス Vol 10 軍事研究2008.1別冊
週刊朝日編集部 一二月八日の意味するもの 週刊朝日S36.12.8
日本海軍機密室 週刊朝日S36.12.8
週刊新潮編集部 真珠湾攻撃「暗号解読」50年目の終止符 週刊新潮H1.12.21
週刊読売・編集部 奇襲論争と暗号秘話 週刊読売:S42.12.15
情報研究会 名著で学ぶインテリジェンス
新人物往来社編 山本五十六のすべて
杉田 一次 情報なき戦争指導
杉田 誠 真珠湾奇襲
杉原 誠四郎 日米開戦以降の日本外交の研究
日米開戦の重大事実とその後の悲喜劇 正論2002.3
杉本 健 海軍の昭和史 提督と新聞記者
鈴木 松治 自分史 八十路を超えて 非売品
須藤 眞志 真珠湾攻撃 歴史読本:2010.9
真珠湾奇襲はルーズベルトの謀略か 別冊歴史読本86冬号
真珠湾〈奇襲〉論争
日米開戦直前! 緊迫の24時間 歴史読本2012.1
ハル・ノートを書いた男
関根 伸一郎 ドイツの秘密情報機関
瀬島 龍三 日本の証言
全 富億 北朝鮮の女スパイ
太平洋学会 日本海海戦百周年記念特集 太平洋学会誌94号
太平洋戦争研究会 真珠湾攻撃 戦記クラシックス
真珠湾攻撃の真実
面白いほどよくわかる太平洋戦争
戦略・戦術でわかる太平洋戦争
大本営通信課 通信運用の教訓 偕行社記事830号
高木 惣吉 高木惣吉日記
高城 肇 6機の護衛戦闘機
高橋 久志 日本陸軍と対中国情報 軍事史学通巻106・107号
高世 仁 拉致
竹内 修司 幻の終戦工作
竹山 恭二 報道電報検閲秘史
田代 更生 北朝鮮諜報部隊
立花 正照 世界の情報機関
電撃奇襲戦と無電謀略 軍事研究1974.1
田中 國夫 ある暗号解読者の終戦
田中 正明 パール判事の日本無罪論
田中 宏己 山本五十六
谷光 太郎 情報敗戦
敗北の理由 情報敗戦の再編集、改題
種村 佐孝 大本営機密日誌
田畑 正儀 宿命のアラブ・イスラエル諜報戦 軍事研究1974.1
田原 総一朗 日本の戦争
田丸 直吉 兵どもの夢の跡
千早 正隆 日本海軍の戦略発想
千早正隆、柳田邦男 他 ミッドウェーの決断
諜報事件研究会 戦後のスパイ事件
塚本 勝一 現代の諜報戦争
筒井 充 真珠湾攻撃―米国首脳部の期待と誤算
手嶋 龍一、 佐藤 優 インテリジェンス 武器なき戦争 佐藤 優の項にも有
寺崎秀成 昭和天皇独白録
寺谷 弘壬 スパイ・ゾルゲと暗号 防衛調達と情報管理23
電波監理委員会 日本無線史第9巻 陸軍無線史
日本無線史第10巻 海軍無線史
戸高一成他 真珠湾攻撃 歴史街道2009.1
戸高 一成、 半藤 一利 日本海海戦かく勝てり 半藤一利の項にも有
富永 孝子 深海からの声
富永 謙吾 ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていた 別冊週刊読売・太平洋航空戦
徳本 栄一郎 英国機密ファイルの昭和天皇
外立 岩冶 歩兵大隊指揮機関の刷新と視号通信の活用に就いて 偕行社特報第66号
鳥羽 利男 電波通信の発見 軍事研究2007.11
日露戦争で活躍した無線電信機 軍事研究2008.1
豊田 穣 海軍軍令部
悲運の大使 野村吉三郎
燃える怒涛
情報将校 明石元二郎
豊田 穣、 長田 順行 日米暗号戦争1 歴史への招待27
土門 周平 参謀の戦争
実例に見るコンビの研究 丸:H5.6別冊
日本、諜報戦に敗れたり 「証言の昭和史4」
内外政治研究所編 スパイの世界
永沢 道雄 戦艦「大和」暗号士の終戦
中薗 英助 スパイの世界
中島 篤巳 陸軍潜水艦隊
中島 親孝 聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争
中田 整一 盗聴 2・26事件
トレイシー
日本人捕虜秘密尋問所「トレイシー」の全貌 現代:2007.9
長田 順行 暗号 暗号理論掲載
西南の役と暗号
日米開戦と暗号戦争 別冊歴史読本1990初夏
中西 嚴 満州国軍用無線電信所勤務時の回想
仲野 好雄 参謀本部通信課について
中山 定義 一海軍士官の回想
中見 利男 巨大戦艦大和はなぜ沈んだのか
中牟田 研一 暗号―日本海軍の通信解析 一億人の昭和史:日本の戦史9:太平洋戦争3
情報士官の回想
中村 文雄 陸軍におけるCOMINTの萌芽と発展 新防衛論集16巻1号
中西輝政、大森義夫、勝股秀通、佐藤優 対 手嶋龍一 インテリジェンスという戦争 中央公論:2007.7
名越 二荒之助編 世界から見た大東亜戦争
ニュースなるほど塾 諜報機関
西 鋭夫 アメリカの「戦争責任」を問う 諸君:2007.5号
西 春彦 回想の日本外交
西木 正明 「真珠湾」68年目の真実「日米開戦」 文芸春秋2009.1
西原 征夫 全記録ハルビン特務機関
新多 昭二 陸軍登戸研究所の青春
新延 明、佐藤 仁志 消えた潜水艦イ52
蜷川 親正 山本五十六の最期
額田 坦著 上法 快男編 史上最大の人事
野田 敬生 諜報機関に騙されるな!
野田 峰雄 破壊工作
野村 長 情報戦で敗れた帝国海軍 歴史と人物S60.8
野元 巳郎 大陸通信戦記
野原 一夫 回想 学徒出陣
橋本 力 インテリジェンス解読B (クウェート侵攻) 軍事研究:2009.6
インテリジェンス解読C (バルバロッサ作戦) 軍事研究:2009.7
インテリジェンス解読D (真珠湾奇襲) 軍事研究:2009.10
インテリジェンス解読E (ソ連の核開発) 軍事研究:2009.11
インテリジェンス解読F (ソ連の核開発) 軍事研究:2009.12
インテリジェンス解読G (イギリスSOE) 軍事研究:2010.3
インテリジェンス解読H (英の対独工作) 軍事研究:2010.5
インテリジェンス解読I (英の対日工作) 軍事研究:2010.7
インテリジェンス解読J (プロパガンダ機関) 軍事研究:2010.10
インテリジェンス解読K (キューバ危機前) 軍事研究:2010.7
長谷川慶太郎(責任編集) 情報戦の敗北 近代戦史研究会(編)
長谷川 怜 日露戦争と戦場の諜報戦 軍事史学通巻166号
秦 郁彦 検証・真珠湾の謎と真実 4人が記述
実録 太平洋戦争
昭和史の謎を追う(上)
昭和史の謎を追う(下)
太平洋戦争六大決戦
なぜ日本は敗れたのか
秦 郁彦 等 日本の秘密戦と陸軍中野学校 歴史と人物 55.10
畠山 清行 続 陸軍中野学校
大戦前夜の諜報戦―陸軍中野学校シリーズ
秘録 陸軍中野学校 昭和46年発行
続 秘録 陸軍中野学校
陸軍中野学校 サンケイ新聞出版社版
陸軍中野学校 秘密戦史
続 陸軍中野学校 秘密戦死
陸軍中野学校 1 諜報戦史 秘録陸軍中野学校の改版
陸軍中野学校 2 続諜報戦史 続秘録陸軍中野学校の改版
陸軍中野学校 4 続秘密戦史 続陸軍中野学校秘密戦史の改版
陸軍中野学校 5 ゲリラ戦史
畠山 清行  (編:保阪 正康) 秘録 陸軍中野学校
陸軍中野学校終戦秘史
早川 広次 暗号と私 陸士39会報
原 晃徳 帝国海軍の謎
原 勝洋 暗号名ウルトラ山本長官機を撃墜す 文藝春秋S55.5号
暗号に敗れた日本
暗号はこうして解読された
解読されていた山本長官の行動 写真太平洋戦争3
解読されていた日本の暗号電文(ミッドウェー) 写真太平洋戦争2
解読されていた日本の暗号電文(アッツ・キスカ) 写真太平洋戦争2
解読されていなかった暗号システム 写真太平洋戦争2
原 勝洋 (監修・解説) 海軍暗号書D壱(発信用)
日米開戦時における日本外交暗号の検証
原 四郎 大戦略なき開戦
原田 統吉 風と雲と最後の諜報将校
春名 幹男 秘密のファイル  上・下
伴 繁雄 陸軍登戸研究所の真実
半藤 一利、 戸高 一成 日本海海戦かく勝てり 戸高一成の項にも有
半藤 一利 昭和史
聯合解体司令長官 山本五十六
山本五十六
東倉 勉一 孤島の戦場 悲しき兵隊よもやま物語
久松 安 (横須賀通信同窓会) 海軍無線通信の記述
檜山 良昭 暗号を盗んだ男たち
開戦前夜の東京スパイ戦 別冊歴史読本86冬号
不信の同盟 丸:S61.3
平井 誠二 わがまち港北
平尾 治 或る特種情報機関長の手記 自費出版
平塚 柾緒 日本の戦歴パールハーバー真珠湾奇襲攻撃
平間 洋一 海軍の教育制度 歴史読本:2010.9
広瀬 栄一 フィンランドにおける通信諜報 昭和軍事秘話:上
広瀬 隆 クラウゼヴィッツの暗号文
広田 厚司  エニグマ暗号戦
世界スパイ作戦
WWU秘話  
ビックリデータ編集部 戦争 ウソのような本当の話
ビルマ作戦電報班 暗号戦線 非売品
副田 護 太平洋戦争49の謎
福田 幸弘 連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記
福留 繁 海軍の反省
藤井 久 日本の対北朝鮮情報収集能力を暴く 軍事研究2005.1
藤井 非三四 陸海軍戦史に学ぶ 負ける組織と日本人
藤田怡与蔵ほか 証言・真珠湾攻撃
藤田 博 電報利用の心得 偕行社記事830号
淵田 美津雄 真珠湾攻撃総隊長の回想
淵田 美津雄、 奥宮 正武 ミッドウェー
藤原 肇、 早川 聖 情報戦争
船越 雄一 日米開戦は不可なり 別冊歴史読本86冬号
舩坂 弘 玉砕 暗号電文で綴るパラオの死闘
古川 愛哲 「八月十五日」は終戦記念日ではなかった
古谷 多津夫 これが特務班だ
秘密戦
冬門 稔弐、柚木 浩 外国映画に見るアジア・太平洋戦争
兵術同好会 「プエブロ」事件とその教訓
別冊宝島編集部 公安警察アンダーワールド
防衛庁防衛研修所戦史室 戦史叢書 大本営陸軍部(2) 巻20
戦史叢書 ミッドウェー海戦 巻43
戦史叢書 南東方面海軍作戦(3) 巻96
戦史叢書 海軍部大東亜戦争開戦経緯(2) 巻101
保坂 正康 昭和陸軍の研究
昭和史七つの謎
陸軍省軍務局 スパイ戦史シリーズ7
陸軍省軍務局と日米開戦
保坂 廣志 沖縄戦と暗号作戦 琉球大学学術リポジトリ所収
沖縄戦における日米の情報戦 琉球大学学術リポジトリ所収
日本軍暗号辞典 CD、ダウンロード版
日本陸軍暗号 CD、ダウンロード版
日本軍の暗号作戦 CD、ダウンロード版
陸軍暗号教範 CD、ダウンロード版
陸軍暗号将校の養成
星 亮一 山口 多聞
星川 武:編集長 太平洋戦争4 「第二段作戦」 歴史群像シリーズ
星名 定雄 情報と通信の文化史
細谷 千博 × 佐藤 元英 戦争回避の機会は二度潰えた 中央公論:2007.12
堀 栄三 大本営参謀の情報戦記
本多 光夫 編集 ザ・マンシリーズ 山本五十六 プレジデント版
前坂 俊之 明石元次郎大佐
松島 慶三 情報入門
諜報太平洋戦争 スパイ戦史シリーズ2
松田 十刻 日本海海戦
松原 茂生、遠藤 昭 陸軍船舶戦争
松村 昌廣 軍事情報戦略と日米同盟
三浦 三郎 国際陰謀
水木 揚 動乱はわが掌中にあり
水田 律 第一次大戦における諜報活動 軍事研究1974.1
三根生 久大 参謀本部の暴れ者
三野 正洋 日本軍の小失敗の研究
三野 正洋、 大山 正 徹底研究太平洋戦争 海軍編2
蓑原 俊洋 インテリジェンスに翻弄された東郷茂徳の悲劇 諸君2007.5号
戦前期における日本の外交暗号解読の事実と政策決定への影響 軍事史学通巻151号
日米暗号戦争と政策決定への影響 外交フォーラム2003.1
三村 文男 米内光政と山本五十六は愚将だった
宮内 寒彌 新高山登レ一二〇八
三宅 正樹 スターリンの対日情報工作
宮杉 浩泰 暗号解読をめぐるSSUへの広瀬栄一の供述 Intelligence-9
戦前期日本の暗号解読情報の伝達ルート 日本歴史2006.12
第二次大戦期日本の暗号解読における欧州各国との提携 Intelligence-9
日中戦争期上海領事館の通信傍受活動 Intelligence 15
張鼓峰事件における日本陸軍の情報活動 Intelligence-13
牟田 照雄 陸軍中野学校の考察 Intelligence 15
村田 貫二 陸軍特別幹部候補生物語
毛利 元貞 図解 スパイ戦争
森 史朗 運命の夜明け
森 茂樹 ・小谷 賢 ドキュメント日米交渉1940〜1941 歴史読本2012.1
森 清勇 外務省の大罪
森 史郎 暁の珊瑚海
森嶋 守人 真珠湾・リスボン・東京
森山 優 戦時期日本の暗号解読とアメリカの対応 Intelligence-9
戦前期における日本の暗号解読能力に関する基礎研究 国際関係・比較文化研究3−1
安井 久善 日本陸軍の情報戦史 軍事研究1974.1
柳田 邦男 マリコ
柳田 由紀子 日系元情報兵と訪ね歩いた「日米戦争」 新潮452009.6^9
二世兵士 激戦の記録
山岡 昇 D暗号書の行方を追って 個人論文
山口 昭和 戦史の教訓 巨大組織のアキレス腱―海軍乙事件にみる情報漏洩と隠ぺい体質― MAMOR2009.2~3
山崎 博 密偵・森村正と春潮楼 別冊歴史読本1990初夏
山西友の会 萬里一條鐡 隊史編
山室 英男、緒方 徹 検証 山本五十六の戦死
山本 武彦 情報戦争のグローバル化と「経国済民」の策 Intelligence-2
山本 武利 第2次世界大戦期日本の諜報機関分析第1巻
第2次世界大戦期日本の諜報機関分析第3巻
特務機関の謀略
日本兵捕虜は何をしゃべったか
山本 正治 日本海軍の暗号 別冊1億人の昭和史
横井 俊之 太平洋戦争の勝敗を決した暗号戦
横井 俊幸 帝国海軍機密室
横谷 英暁 セイロン作戦の一考察 軍事史学通巻163号
吉川 猛夫 真珠湾のスパイ
真珠湾スパイの回想 スパイ戦史シリーズ1
吉田 昭彦 日本海海戦における通信 軍事史学通巻65号
山本長官機被撃墜事件の解明 波濤「H2.5」
吉田 一彦 暗号戦争 暗号理論掲載
知られざるインテリジェンスの世界
騙し合いの戦争史
フリッツ・コルベ「究極のスパイ」と呼ばれた男 歴史街道2007.12、2008.1
吉田 菊芳 伊号第27潜水艦の活躍
吉田 俊雄 海軍参謀
日本陸海軍の生涯
四人の連合艦隊司令長官
吉田 満 戦艦大和
吉村 昭 海軍甲事件
海軍乙事件
深海の使者
大本営が震えた日
ポーツマスの旗
読売新聞編 昭和史の天皇20
渡部 昇一 かくて昭和史は甦る
海外の著者作品
アート、ディック・ファン・デル 空のスパイ戦争
アレン、トーマス・B 機密指定解除
アンブリスター、トレバー 情報収集艦プエブロ号 上・下
ウイロビー、C.A 赤色スパイ団の全貌
ウィンターボザム、F・W ウルトラ・シークレット
ウィントン、ジョン 米国諜報文書ウルトラ
ウエスト、ナイジェル スパイ伝説
ウッドハウス・瑛子 日露戦争を演出した男
ウールステッター、ロベルタ パールハーバー
OSS・X-2リポート 成果の少なかった日本の支那派遣軍の特種情報部の活動 Intelligence-2
オルドリッチ、リチャード 日・米・英「諜報機関」の太平洋戦争
カーン、デーヴィッド 暗号戦争
ガードナー、リロイ・W アメリカ国立公文書館の国家安全保障局関係資料 Intelligence-2
キグリー、マ−ティン・S バチカン発・和平工作電
グラインズ、C・V 巨星「ヤマモト」を撃墜せよ!
クラウディ、テリー スパイの歴史
クラミッシュ、アーノルド 暗号名グリフィン
クラウゼン、ヘンリー 真珠湾最後の真実
クノップ、グイド トップ・スパイ
ケネディ、ウイリアム他 諜報戦争
コールマン、ジョン 真珠湾日本を騙した悪魔
コープランド、B.ジャック チューリング
コーエン、ダニエル スパイの科学
ザカリアス、エリス・M 日本との秘密戦
密使
シオボールド、ロバート・A 真珠湾の審判
スティーヴンソン、ウィリアム 暗号名イントレピッド
タリー、アンドリュー 超スパイ機関
ダレス、アレン ザ・スーパー・スパイ
タックマン、バーバラ 暗号解読班――40号室
決定的瞬間
チャップマン、ジョン・W・M 真珠湾以前における三国同盟間の通信情報協力 軍事史学通巻106・107号
ディーコン、リチャード スパイ!
日本の情報機関
ディビス、バーク 謀殺
トーマス、ゴードン インテリジェンス闇の戦争
エノラ・ゲイ
憂国のスパイ
トーランド、ジョン 真珠湾攻撃
真珠湾は燃えている
大日本帝国の興亡 1暁のZ作戦
大日本帝国の興亡 2昇る太陽
大日本帝国の興亡 3死の島々
大日本帝国の興亡 4神風吹かず
大日本帝国の興亡 5和平をへの道
トール、イアン 太平洋の試練
ノーマン、ブルース 暗号戦 WWUブックス63
ハウ、ラッセル・ウォーレン マタ・ハリ
ハスウェル、ジョック 陰謀と諜報の世界
パターソン、マイケル エニグマ・コードを解読せよ
ハインド、アラン 盗まれたアメリカ
バーカー、A・J パールハーバー WWUブックス1
ミッドウェー WWUブックス9
ハットン、J・バーナード 女スパイ
スパイ
バムフォード、ジェイムズ すべては傍受されている
パズル・パレス
ハンブル、リチャード 日本連合艦隊 WWUブックス57
ファイアルカ、ジョン 経済スパイ戦争の最前線
ファラゴー、L. 知恵の戦い
読後焼却 スパイ戦史シリーズ5
盗まれた暗号(THE BROKEN SEAL)
ブッフハイト、ゲルト 諜報
プランゲ、ゴードン・W 真珠湾は眠っていたか T運命の序曲
トラトラトラ
フリーマントル CIA
KGB
プレオブラジェンスキー、コンスタンチン 日本を愛したスパイ
不明(訳編:速見清志) 悲劇の巨星あどみらるヤマモトの死の真相 丸エキストラ版110
ヘインズ、ジョン & ・クレア、ハーヴェイ ヴェノナ
ベダー、ジョン・ 空戦
ヘッドリク、 D.R インヴィジブル・ウェポン
ペンコフスキー、オレグ 寝返ったソ連軍情報部大佐の遺書
ボイド、カール 盗まれた情報
ホールデン、ロバート スパイ  (第2次大戦の影の主役たち)
ホルムズ、W・J 太平洋暗号戦史 スパイ戦史シリーズ3
ポッター、ジョン・D 太平洋の提督
マスターズ、アンソニー スパイだったスパイ小説家たち
マッキンタイアー、ベン 英国二重スパイ・システム
メルトン、キース
CIAスパイ装備図鑑
モンティフィオーリ、ヒュー・S エニグマ・コード
モー、ジョン ダブル・エージェント
モーゲンスターン、ジョウジ 真珠湾 日米開戦の真相とルーズベルトの責任
モルガン、ヤコブ 山本五十六は生きていた
ヤードレー、H・O・  (荒地出版) ブラック・チェンバー 暗号理論掲載
ヤードレー、H・O・ (大阪毎日新聞社) ブラック・チェンバー 暗号理論掲載
ヨースト、グラハム スパイ工作の恐怖
ヨルゲンセン、クリステル ヒトラーのスパイたち
楊 国光 ゾルゲ、上海ニ潜入ス
ラスブリッジャー、ジェイム & ネイヴ、エリック 真珠湾の裏切り
ライト、ピーター スパイキャッチャー
リーダーズ・ダイジェスト編 スパイ
李 福九 北朝鮮弾道ミサイルの最高機密
レートン、 エドウィン・T 他 太平洋戦争暗号作戦 上
太平洋戦争暗号作戦 下
ロード、ウォルター 逆転
ニイタカヤマノボレ
ローアー、E 盗まれた暗号(DEADLY MAGIC)
inserted by FC2 system